舞台・コンサート・発表会・などを動画撮影依頼した場合の具体的な流れ

query_builder 2022/06/19
ブログ
配信


舞台・演劇・コンサート・発表会・学芸会

などのイベント映像の撮影をご予約いただいてから納品までの

その後の具体的な制作の流れについてご説明いたします。


前回まで、2回にわたって

お問合せ、ご予約の際に必要な情報について詳しくご説明いたしましたが、

今回はその後の一般的な流れです。


まずは本番の前に、

①リハーサルやゲネプロを拝見します。

本番の数日前の場合もあれば、当日本番前にという場合もあります。

もちろん、お見せできないのでぶっつけ本番でという場合もあります。

拝見した上で、カメラ位置やなどの変更を相談させていただく場合もございます。


②スケジュール確認・スタッフ人員・入り時間の決定

当日のスケジュールをお知らせいただき、

セッティングに必要な時間や、当日のリハーサルなどの状況を見つつ、

スタッフの人数や入り時間を設定させていただきます。

通常、約2時間前後を見ていただいておりますが、

状況によって臨機応変に対応いたします。


③客入れ

本番前、お客さまが入場される前までに全てのセッティングを終え、

お客さまが入場時には導線の確保や機材の安全に注意し、待機いたします。


④本番

前説、本番終了後の舞台挨拶、楽屋の様子をメイキングで入れたい、

などリクエストある場合はお伝えください。


⑤撤収

本番終了後、お客さまが退場されてから通常30分ほどで撤収いたしますが

状況によって臨機応変に対応いたします。


⑥編集

本番を終え、カットしたい箇所や修正希望などの情報をお伝えください。

通常、一週間〜10日前後でオフラインという

仮編集した映像をご覧いただき、修正やご意見・ご要望をいただいた上で、

修正内容によって1〜3日ほどお時間をいただき修正作業をいたします。

ご納得いかない場合はプランによって

決められた上限回数まで何度でも修正致します。


⑦納品

最終確認をいただいた映像を完成版としてお届けします。

ご希望のファイル形式をご指定ください。

よくわからないという場合は詳しくご説明いたしまして

最適な形式でお渡しいたします。

またステージ・アップでは全ての収録素材や

高画質データも無料でお渡ししておりますので

ご希望の方は遠慮なくお申し付けください。


また、その後の映像活用についても

お気軽にご相談ください。


例えばDVD(Blu-ray)にしたい場合、

弊社の提携メーカーへワンストップで

完成版データをそのままお送りできるので、

ファイル形式やその他の面倒なやり取りも不要です。


アーカイブでYouTubeなどにアップしたいような場合は

無料のアップロード代行サービスもございます。




NEW

  • 擬似生配信(ライブ配信とアーカイブ配信)

    query_builder 2022/10/15
  • 文化庁 補助金制度

    query_builder 2022/10/02
  • コロナ禍での舞台・イベント撮影依頼  キャンセル料無料システム

    query_builder 2022/07/17
  • 映像・動画コンテンツの内製、成功例と失敗例②

    query_builder 2022/07/12
  • 映像・動画コンテンツの内製、成功例と失敗例

    query_builder 2022/07/02

CATEGORY

ARCHIVE