DVD・Blu-rayを作成したい方へ② 3分でわかる映像ミニ知識Q&A 【撮影/DVD/編集/東京/埼玉/神奈川/千葉】

query_builder 2022/03/18
ブログ
ジャケット

公演を収録した映像をDVDにしてくれる会社お探しの方へ


PART①では、DVDを作成するにあたって

何を決めないといけないか?いくらぐらいかかるのか?

を中心にお話ししましたが

今回は前回お話しできなかった部分を一歩踏み込んで、補足していきたいと思います。


まず、DVDには動画は何分まで入りますか?

という質問を多くいただきます。


答えは、何分でも入れようと思えば…でしょうか。

つまり、1枚のDVDに入れられる容量は4.7GB

と決まっていますが、

動画や音声のデータを無理やり圧縮して

押し込めば何分でも入るということになります。


ですので、ある程度の画質を維持した上で

入れられる分数という意味では

90分〜120分が限界なのではないでしょうか。


もし入り切らない場合は

2枚組にする、または2層式にするという選択肢があります。


2層式というのは、

1枚で約2枚分のデータが入るようなもの

と思っていただければ良いかと思います。


当然お値段は倍までとはいかずともアップしますが。


その他に必要となるもの

業者の見積もりなどで見落としがちなのが、

印刷関係の費用です。


DVDを商品や記念品として作成する場合、

盤面とパッケージにデザインが必要になります。

もちろん無地でもいいのですが、

ちょっと寂しい感じがします。


ですが、ほとんどの業者さんの見積もりですと、

こう表記されています。


*印刷データ完全支給のこと


これは盤面やジャケットの印刷に必要なデータを

イラストレーターやフォトショップなどのソフトを使って

規定のデータにして送って来てくださいという意味です。


もちろんデザイン心のある方やAI,PSDといったソフトを

使える方はご自身でやられるのが一番です。

周りにそういう方がいらっしゃれば

お願いするのも良いと思います。


これをプロに頼むとデザイナーのランクにもよりますが

1万円〜10万円ぐらいかかってしまいます。


それともう一つ、見落としがちなのが

メニュー画面のデータです。

これはDVDを再生機器に入れた際に、

メニュー画面が表示されます。

目次のようなものでしょうか。


チャプターに分かれている場合は

指定のチャプターから見たりといったことも可能ですが、

このメニュー画面も完全データ支給が普通です。


ステージ・アップではこのメニュー画面作成は

無料オプションサービスとなっておりますので

お気軽にお申し付けください!

ジャケット、盤面につきましては

ご予算に応じてデザイナーの手配は可能です。


また、面倒なこと

全てお任せいただくことも可能ですので

お気軽にご相談ください。

NEW

  • コロナ禍での舞台・イベント撮影依頼  キャンセル料無料システム

    query_builder 2022/07/17
  • 映像・動画コンテンツの内製、成功例と失敗例

    query_builder 2022/07/02
  • 自社内で映像コンテンツを制作することは可能か?

    query_builder 2022/06/28
  • 舞台・コンサート・発表会・などを動画撮影依頼した場合の具体的な流れ

    query_builder 2022/06/19
  • 舞台を撮影するにあたって必要な情報<配信編>

    query_builder 2022/06/17

CATEGORY

ARCHIVE