舞台、コンサート、発表会などの動画撮影を業者に依頼する 【動画/撮影/編集/東京/埼玉/神奈川/千葉】

query_builder 2022/03/02
ブログ
IMG_2449

今回は舞台、コンサート、発表会などの動画撮影を業者に依頼する際に

あらかじめ準備しておくと良い事や

失敗しない業者の選び方をお話ししたいと思います。


まず、主催者様が一番知りたいのは料金と思います。

一体いくらかかるのか?

見積もりをくださいと考えると思いますが、

その見積もりを出すにあたって必要な情報があります。


撮影業者から見て

金額に一番影響するのは撮影するカメラの台数です。

もっと言うとカメラマンの人数です。

それと、拘束時間(数時間の拘束で済めば他の仕事を入れることが出来ます)

と作品の上映時間(こちらは編集作業にかかる時間が変わってきます)


弊社のサービス、ステージ・アップに限っての事ですが

実を言うとこれがほぼ全てなのではないでしょうか。

なのでステージ・アップでは料金体系が主に2つしかないのです。


ベーシックパック

¥99,000(消費税込み)

カメラ3台で上映時間が2時間まで。

作品の修正は基本1回まで


プレミアムパック

¥165,000(消費税込み)

カメラ5台で上映時間の制限、修正の制限なし


いかがでしょうか?見積もりの必要はほぼありません。

希望のカメラ台数と上映時間が決まっていれば

おおよその金額はお分かりかと思います。

しかもステージ・アップでは追加料金やオプション料金を

極力排除しています。


このわかりやすい料金体系こそがステージ・アップの

目指すところです。

見積もりや細かい追加オプションで時間を取られることよりも

内容や作品の出来について時間を割くべきと思います。


結局のところ、細かい項目ごとにそれは追加でいくらかかります。

オプションになります、別料金になります、ということが多ければ多いほど

わかりにくく、専門的なので業者に有利であるということです。


よくある追加料金やオプションメニューの例です。

*カメラを1台追加したい

*時間延長料

*打ち合わせ・リハーサル立ち会い

*出張料

*テロップやエンドロールを入れたい

*映像データの変換

*素材のコピー費用


結局、撮影料金80,000円でも、最終的な見積もりでは

180,000円!ってことになるわけですが、

ちなみにステージ・アップでは

上記のオプションはすべて0円です。


@カメラの追加

 良い作品を撮るのに必要であれば勝手に追加します。

 実際、ベーシックプランで3台で撮影している事はほぼありません。

@オープニング映像を作って欲しい

@最後にダイジェストを入れて映画みたいなエンドロールを入れて欲しい

@出演者の名前や曲名をテロップで表示したい

@撮影した素材を全てコピーしてもらえないか?

@後日配信したいがプラットフォームから

 決まりのデータ規格じゃないとダメと言われた

@公演が10分延びてしまいそう


こんなリクエストにもお応えしております。

もちろん無料です。

お気軽に相談ください。


ただし!


*DVDやBlu-rayを作りたい

*ライブ配信したい

*1日2回の公演を両方とも撮影して欲しい

*ドローンを飛ばしたい


こんな場合は別途料金がかかりますので

詳しくお打ち合わせが必要となります。


NEW

  • 4K時代の到来!?舞台、イベントを4Kで撮影するには?

    query_builder 2023/10/31
  • 映像業界最安値に挑戦!最強コスパの秘訣その2

    query_builder 2023/08/26
  • 映像業界最安値に挑戦!最強コスパの秘訣

    query_builder 2023/08/14
  • オンラインセミナー・株主総会の配信あれこれ

    query_builder 2023/07/13
  • 舞台、映像制作のプロが教える撮影から編集までの基礎知識 撮影編④複数台撮影の場合のサブカメラの位置

    query_builder 2023/06/26

CATEGORY

ARCHIVE